お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
お問い合わせ/info@f-ing.jp フリーダイヤル/0120-5940-58/匿名相談可能/24時間対応/携帯電話OK
メニューボタン
後見人・ケアマネージャー/ソーシャルワーカーの皆様へ 葬儀社を選ぶ際のポイント 葬儀社を選ぶ際のポイント 供花・供物のご注文はコチラ 供花・供物のご注文はコチラ
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求

宗教のよる葬儀の違い~キリスト教編⑤~

みなさん、こんにちは! 岡山県岡山市の家族葬 ファイングです。 さて、前回はキリスト教の葬儀の独自の儀礼についてご紹介しました。 今回は、キリスト教の葬儀に参列する際の服装についてご紹介します。 キリスト教式で挙げられる葬儀に参列するさいの服装は基本的に仏式の葬儀と同じです。 男性は喪服もしくは黒いスーツに、ストレートチップの靴。 多くの方が見落としがちなのが、ネクタイピンです。葬儀に参列する際には基本的に外すようにしましょう。 また、腕時計やベルトは目立たない地味なもの選びます。 女性は、喪服または黒のワンピース、スーツ、アンサンブルのいずれか。 結婚指輪以外のアクセサリーは付けませんが真珠のネックレスは問題ありません。 また、トークハットと呼ばれるネット付の帽子は、喪主やご親族だけが身に付けることを許されています。 カトリック信者の女性は、白いベールを被りますが信者ではない参列者は必要ありません。

コラム一覧を見る