やっぱり変わらないといけないのか?

蒸し暑さの続く岡山市です。

今日はゴルフ場の格式?の件についてです。

皆さん、ご存知のようにゴルフはお金が掛かるスポーツだ、道楽だと言われます。

実際、私もそう思っていました。

バスケ漬けだった私は元手が要らないスポーツだった為に、余計にそう思っていました。

ただ良く考えると野球用品って結構高いんですよね。

じゃあゴルフって何がそんなに高いイメージがあるのかというとバブル全盛時の「会員制」だったり、プレー費用が何万円もする・・・というイメージです。

実は岡山近郊で平日にゴルフをしても8,000円程度(お昼ご飯付き)

20年前に比べると3分の1位の料金です。

実はこのゴルフへお金が掛からなくなった事で宮里藍さんを初めとする若い女子ゴルファーが世界で活躍するようになりました。

でも実際には若い競技人口そのものは減少しています。

そこでゴルフに携わる企業、メーカーや団体等では若い方でも気軽にゴルフに触れられるようにという事で色んな提言や工夫をされています。

昔からある「ゴルフ場にはジャケット着用で・・・」にまつわるコラムです。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/golf/2015/08/20/post_200/

この方の視点は面白いなと思いました。

確かにアメリカのゴルフは俗に言う「パブリック制」という形でボーリング場の様に、入場利用料を払うだけでプレーが出来ます(ちなみに今の日本でもほとんどのゴルフ場で利用料等を払うだけで済みます)

会員しかプレーできないゴルフ場はごくごく一部です。

そして今年20歳の方限定でゴルフの練習やプレー費が無料になる業界の取り組み・・・

http://www.jgga.or.jp/jgga/gew2014080501/

若い方でお金のある方って少ないと思うんです。

年齢が行けば行くほど、時間にも経済的にも余裕が出る・・・これが世の常です。

無料ってのはどうかな?と思いますが、ゴルフ場に来て、色々見てみるというのも社会勉強のひとつかと思います。

どちらも時代の流れの中で変わることが必要になってきているんですよね。

我々の業界の中でもそうなんです。

業界として守らないといけないものはあるのですが、それが最初の第1歩になってしまうと、今の生活者の皆様はウンザリされる部分があると思うのですね。

この入り口の部分がもう少し取っ付き易い形になれば良いなと思う次第です。

*****************************************

終活セミナーのご案内はこちら

https://www.facebook.com/okayamafing

*******************************************
岡山初!家族葬、直葬の専門葬儀社が誕生しました!

家族葬専門葬儀社ファイング

HPはこちら・・・http://f-ing.jp/

(本部住所)岡山県岡山市北区三門西町3-17

TEL 0120-5940-58

代表 川上明広