お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
フリーダイヤル/0120-5940-58/匿名相談可能/24時間対応/携帯電話OK
メニューボタン
後見人・ケアマネージャー/ソーシャルワーカーの皆様へ 葬儀社を選ぶ際のポイント 葬儀社を選ぶ際のポイント 供花・供物のご注文はコチラ 供花・供物のご注文はコチラ
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求

【家族葬でも行う湯灌とはどんな事でしょうか?】

■湯灌の儀の意味 その流れ
湯灌や清拭は、日本の地で育まれた古来よりの精神と、中国から渡来してきた儀式が融合して、『死者を送るための風習』として日本の各地に深く根ざしており、映画『おくりびと』でも世界に紹介され、国境を超えて日本の風習として認識されました。

1.幸せな来世を願う宗教的儀式
生きている時にまとった悩みや苦しみを洗い流して清らかな身になり、旅立ちの準備を整えるという宗教的な意味合いがあると言われています。

故人が安らかに成仏するために現世での煩悩を全て洗い流すのです。

また、湯灌の入浴は産湯*(うぶゆ)にも通じると言われ、「幸せな来世に生まれ変わることを願う」という意味も持ちます。

*産湯:赤ちゃんが生まれて初めてつかるお湯のこと

2.故人を労り遺族を癒す儀式として
一日の疲れや汚れを落とす習慣を反映し、一生を終えた故人に対しても「最後の癒し」として入浴や身体を清める儀式をさせて、癒し労うという意味があると言われます。

特に日本人にとって入浴の習慣は特別な文化でもあります。

故人の体を清め整えることで、お元気だった頃の姿に近づけ、『ご家族の心を癒す儀式』でもあります。

3.ご遺体を衛生的に保つための処置として
死後のご遺体からは体液や血液が流れ出ることもあります。

これらをきれいに流し、ご遺体を衛生的に保つための処置としての意味も持ちます。

コラム一覧を見る