お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
フリーダイヤル/0120-5940-58/匿名相談可能/24時間対応/携帯電話OK
メニューボタン
後見人・ケアマネージャー/ソーシャルワーカーの皆様へ 葬儀社を選ぶ際のポイント 葬儀社を選ぶ際のポイント 供花・供物のご注文はコチラ 供花・供物のご注文はコチラ
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求

お供え花とそのシーン

[葬儀に贈るお花]
葬儀に使用される花は4種類あり、「亡くなった方のご冥福を祈る気持ちを表す」という点では同じですが、それぞれ飾るタイミングや役割が異なります。

・供花(くげ)
通夜、告別式で祭壇にお供えするお花です。故人の親族や関わりの深かった人、遠方のため式に参加できない方から送られます。一般的には白を基調とした生花が使われます。

・花輪 (はなわ)
通夜、告別式に会場の外もしくは会場内に飾られるフラワースタンドです。故人や喪主の勤務先、縁のあった団体から贈られることが多く、スタンドには贈り主の名札がついています。
屋外に設置される事もあり、造花でできているものをレンタルすることが多いです。

・枕花(まくらばな)
通夜の前から葬儀が終わるまで故人の枕元に飾るお花です。故人の親しくしていた人や近親者から贈られることが多く、差出人の名前の入った名刺サイズのカードを添えます。花の色は白やブルーの落ち着いた色調のものが一般的です。
葬儀が終わった後も傷んだ花を取り除きながら「後飾りの供花」として飾ります。

・後飾りの供花
火葬後から埋葬日まで御位牌をまつる祭壇を「後飾り」と呼び、そこにお供えするお花です。近頃は家族葬や密葬を選ばれるご遺族も増えているため、葬儀に参列できなかった方が送る事もあります。お花の色は白や黄色が定番ですが、色目の多いものや故人の好きだった花などをお供えすることも可能です。

[仏壇、お墓にお供えするお花]
・仏花(ぶっか)
仏花とは仏壇用の供花をいいます。「二束で一対」が基本とされており、本数は3本、5本、7本など奇数が良いとされています。

・墓花(はかばな)
お墓参りの時にお供えするお花で仏花同様「二束で一対」が基本とされており、本数は3本、5本、7本など奇数が良いとされています。

お正月、お盆などは普段の仏花や墓花とは別に松、梅、大きめな牡丹など季節性があり華のあるものを飾ることがあります。

[宗教別 : 一般的にお供えに用いられるお花の品種]
・仏式葬儀 / 神式葬儀 【 品種:菊、百合、胡蝶蘭、カーネーション 】
主に白を基調とした花が飾られます。近年では故人が好きだった落ち着いた色調の花や、劣化しにくいブリザーブドフラワーが使用される場合もあります。

・キリスト教式葬儀の場合 【百合、小菊、スプレー菊、カーネーション】
仏式とは違い白い菊が利用されることは少なく、カーネーションなど白やピンクの明るい色調のものが好まれます。また生花を贈ることが基本ですので、造花やブリザーブドフラワーは避けるのが無難です。

基本的には花持ちがいいことや手入れの楽さ、縁起などの理由で選ばれているものが多いです。

[お供えに不向きとされるお花の特徴]
・トゲのある花 【バラ、アザミ】
トゲのある花は「茨の道」を連想させることや、持ち運びや撤収の際に怪我をする恐れがあるなどの観点から宗教にかかわらず避けられています。

・毒のある花 【彼岸花、スズラン、チューリップ、水仙、トリカブト】
毒は死を連想させるため仏事全般で避けられています。

・香りの強い花 【キンモクセイ、梅、カサブランカ】
葬儀場もそうですが、墓地や霊園は公共の場です。香りで周囲の人を不快にさせないため、また虫が寄ってこないようにするため、という理由で避けられています。
仏教では四十九日の間に香食(こうじき:線香の香りが故人の食べ物となるという考え方)があるため、香りの強い花は線香の香りを妨げるものとして供える花には不向きとされています。

・花弁が落ちやすいもの 【サザンカ、ツバキ】
花弁が落ちる花は首が落ちることを連想させるため、仏花としては避けられています。

コラム一覧を見る