お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
お客様サポートダイヤル/相談無料・24時間365日対応/0120-5940-58 事前登録・資料請求はコチラ/無料/最短日発送いたします LINE/公式アカウントで気軽に相談
フリーダイヤル/0120-5940-58/匿名相談可能/24時間対応/携帯電話OK
メニューボタン
後見人・ケアマネージャー/ソーシャルワーカーの皆様へ 葬儀社を選ぶ際のポイント 葬儀社を選ぶ際のポイント 供花・供物のご注文はコチラ 供花・供物のご注文はコチラ
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求
初めての方 プランと費用 式場紹介・アクセス お急ぎの方 今すぐ資料請求

無宗教葬とは

[無宗教葬とは]
読経などの宗教的な儀式を行わない葬儀のことで、特に決まった形式がないため「自由葬」とも呼ばれています。特定の宗教を持っていない方や遺族が故人の「その人らしさ」を尊重して葬儀を行いたい場合に選ばれます。

[無宗教葬のメリット]
①自由度が高い
最大のメリットは故人や遺族の希望を叶えることができる自由度の高さです。基本的な流れが決まっていないため、故人とお別れをする葬儀会場の飾りから、式の内容や進行までしっかり演出に力を入れることができます。
 無宗教葬の行事内容の例
 ・故人の趣味の品を飾る
 ・故人の好きだった音楽を流す
 ・スライドショーで故人の経歴や思い出を流す
 ・故人の好きだった花を飾り付ける
 ・楽器の生演奏をする
②葬儀費用が削減できる
基本的に宗教者を呼ばないことから、読経や戒名などで必要な「お布施」が発生しません。
また、初七日法要や四十九日までの法要も必要ありません。会場の規模や備品、人件費にもよりますが葬儀のコストを大幅に削減することが可能です。

[無宗教葬のデメリット]
①葬儀前の準備が大変
自由度が高いからこそ、打ち合わせで具体的な内容をしっかり詰めておく必要があります。
自分が無宗教葬にしたい場合は、終活としてエンディングノートに葬儀の内容を記したり自ら準備をしておくと良いでしょう。

②納骨場所を考えておかないといけない
無宗教葬では基本的にお寺のお墓に納骨ができない為、事前に納骨場所を確認していくと良いでしょう。近年では手元供養も増えており、海洋散骨や山林散骨などもできます。ただし、散骨については勝手に撒くのは違法に当たるので注意が必要です。

コラム一覧を見る