楽しみな…

10月もあっというまに終わりです。

本年も残す所二ヶ月…
ホントに早いですね。

さて弊社も11月12月に向けて『何かが変わるのでは?』と感じています。

それはどちらかと言えば『弊社が取り組んで来た事に対して良い答えが出る』様な気がしています。

決して大それた事をしようとは思ってはいませんが、少なくとも『誰かに必要とされるサービス』を提供出来ていると思っています。

もしもの時にお願いして頂ける機会が昨年よりも増えるという事です。

さあ!明日からも頑張って行きますよ!

明日からも『押し付ける価値観ではなく、必要とされる価値観』を見つけて参ります!

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

埋葬ニーズの多様化

このタイトル何回目かな?という位に「埋葬ニーズ」について今年に入って書く事が増えたように思います。

先日、あるお客様からのお問い合わせです。

「ワシはこの先ずっと一人住まいなんじゃけど、後を見るもんが全然居ないんよ。葬式せずに火葬だけしてもらって、どこかの施設に入れるか散骨にしてくれたらありがたいんじゃけど、おたくでそんな事できるかのう?」というお問い合わせをお電話で頂きました。

「承っております」とお答えしました。

しかしもちろん出来るのですが、「施設」といいましてもお寺もあれば納骨堂もございますし、昔と違って小さな小さなお墓をリーズナブルに建てる事も可能です。

そして散骨と言っても岡山近郊で散骨している会社はありません。

弊社が提携しているのは現在、横浜出航の散骨会社さんです。

自分にはどういう埋葬施設が良いのかを考えられている方も増えている様です。

散骨をされる方でも小さなお骨は一応お墓に納骨し、大部分を散骨される方もいらっしゃいます。

とにかく今は「埋葬」という言葉一つ取っても様々なパターンがふえています。

あなたなら「埋葬」をどの様に考えられていますか?

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

中国と言う国・・・

弊社は石材をはじめ、中国の工場と取引しています。

取引をはじめた10年ほど前は中国の工場が「出来ます」と言う神経が私には分からない事がありました。

よくよく聞いてると、不可能では無いから「1パーセントでも出来る可能性」があれば「できます」という国民性だと言う事が分かったのです。

日本のモノづくり工場であれば80パーセント以上・・・まさに確信と自信が無いと仕事は受けない国民性だと思うのですね。

仮に出来ない可能性があるとするならば「出来るか分かりませんけど、やってみます」というのが日本式だと思うんです。

しかし中国の工場は逆・・・。
彼らに掛かればほとんど出来ない事は無いと言えるのかもしれません。

ただこれも5年ほど前の話で、いまや工場のオーナーは大きなお金を掴んでしまって、工場のクオリティーを今更上げようと思っていません。

それどころか副業?の不動産や資源投資などに一生懸命になってしまって本業である製造業を閉鎖してしまうオーナーまで現れました。

ザックリ言うと「明日になって条件が変われば、コロッと態度を変える」のが中国という国の国民性だと私は感じています。

ただそれはあくまで日本人から見た印象であって中国の方からすれば「当たり前」の事なんですね。

「以前お世話になったから・・」という面で言えば中国の方は希薄なのかもしれません。

そういう事を加味した時に、現在国家間で「首脳会談を行わない」と言う様な事が言われていますが、それはそれで良いのではないでしょうか?

要は中国自体が何か日本に対して頭を下げなければならない時代が来ればもちろん態度がコロッと変わると思うんですね。

わざわざこちらからすり寄って「尖閣は日本の領土である」と大きな声を上げた所で向こうは聞かぬふりですし、「アンタッチャブル」なまま時間が経てば向こうは違う方向に転換する様な気が私はしています。

実際に中国は「トウショウヘイ」の時代には尖閣を「棚上げ」発言なんてしていました。

自分達の状況が悪い時には彼らは交渉の席にさえ応じない訳です。

いくら国力が上がった所で、尖閣問題で戦争に突入は出来ないでしょうし。

政治家の方達も一度、民間レベルでの中国との交易現場を分析されたら良くわかる様な気がするのですが・・・。

あぁ、また政治の話をしてしまった・・・。

なんだか最近、政治がマスコミに面白おかしく書かれすぎて非常に不愉快なんですよね・・。

実際、そうなのかもしれませんが(笑)

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

もうすぐ月末

後二日で今月も終わりです。

初めには『今月はどれだけお仕事を頂けるだろう』と不安でしたが、予想よりかは色んな意味で良かったのが何よりです。

ただ『社長が出張に行くと仕事が入る』と笑いのネタにされつつあるのが何とも笑えませんが( ̄○ ̄;)

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

追われて…追っかけて

今月に入ってお問い合わせが続きました。
そして今週から立て続けにお仕事を頂いています。

本当に有り難い事です。

弊社では情報冊子を各ご家庭様へ配布させて頂いているのですが、これは月に3000部を目標にしています。

しかしご葬儀を頂けると冊子が配れないという贅沢な悩みが産まれます。

でもお仕事がある内にどんどん種蒔きをしておかないと、仕事が止まってからではすでに遅しなのです。

でも仕事に追われている時の方がより頑張れるんですけどね(笑)

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

大きい所は大きいなりに・・・

一昨日は市内大手葬儀社さんのスタッフさんと食事に行きました。

大きい所は大きい所で色々あるもんです。

人間関係をはじめとして、現場が要望するものと上層部が要望するもののギャップを埋めるのに必死なようです。

特に若い方を育てるのに苦労されている事・・・。

大学新卒で入ってこられて「おはようございます」がまず言えないのだそうです。

色々あったそうですが結論的に会社を辞められて「あの子は社会に出るには早かったのか?」としか言えなかったそうです・・・。

少々寂しいですよね。

そして、現場としても上層部に「こういう施設にしてほしい」という要望を出しても「そんなもんでは単価が上がらないだろう?」で聞き入れられる事はないそうです・・・。

大きい葬儀社は大きい所でホントに大変みたいですね。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

岡山は地方…

今月、弊社が頂いたお仕事の喪主様皆様が岡山県外在住の方である事に今更気づきました。

そして皆様、HPから弊社を選んで頂いた訳ですが『HPに書いてある内容と電話での答えや応対が同じだったから』との理由で選んで頂いた様です。

HP上にきちんと葬儀に掛かる明細や値段を書いた葬儀社さんは県外にはあるのですが、岡山県内で『明細(価格)まで』書いた葬儀社は今日現在、弊社だけだと思われます。

そして家族葬専門をうたっているのもファイングだけです。

これ以上言うと他の葬儀社さんにネタバラシになるので言いませんが(笑)

安心感と分かり易さは一つのライン上にあるのだと言う事を改めて勉強させて頂いた今月でした。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

左か右か?

いつもとは少し違う話題です。

私が20代でサラリーマンだった頃、国家や政治について憂いを聞いたりすると『この人は右翼か?』なんて思っていました。

しかしあれから10年以上経って『眠れる獅子』と呼ばれていた中国が目覚めてしまった様です。

そのおかげか『領土問題』という言葉が再燃しています。

もちろん歴史上、尖閣は日本の国土だと言える筈ですが、いかんせんマスコミがだらしない…
というか政府からストップが掛かっているのでしょう。
『中国を刺激したくない…』
そんな事言ってるからゴネた者勝ちみたいになってるんじゃないですかね?

こんな事言うと『右翼の人だ。保守の人だ。』なんて言われたりするんでしょうけど、じゃあ逆に知りたいのが『右でも左でもない、真ん中の基準を設けて欲しい』んですね。

『真ん中、基準』それが無いなら保守もリベラルも無い筈です。

まさか国土問題を語らない事が『真ん中』なんて事は無しにして欲しいですし。

断固たる決意で国は頑張って欲しいです。
国土も経済も生活も守れない政府なんて要らない筈ですから…

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

急な冷え込み

寒くなりましたね。

昨日は気温が20度行かなかったですし…

さてここにきて急激にお電話での問い合わせが増えてきました。

やはり気温の変化に体調を崩される方が増えている様ですね。
まだ『今すぐではないと思うんですが…』というお問い合わせですね。

弊社にお電話頂く事で色んな意味での安心感を持って頂けたらと感じております。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058

ラストメイク・・・

昨日はご葬儀が入って居たのですが、担当スタッフにお願いし、大阪に「ご遺体処置」のセミナーを受けてきました。

予約を1か月前から入れて居たので、すこし後ろ髪を引かれながらも11時の新幹線に飛びのりました。

13時からセミナー開始。

講師はいつもの葬儀コンサルの先生とJASDAQに上場されている関東圏ではもっとも有名な介護会社の先生でした。

この介護の会社は別事業で故人様にメイクを施されたりしている会社です。

さすが異業種参入組だけあり、今までと全く感覚が違います。

何が違うのか・・・。

完全に「ご遺族目線である」と言う事・・・。(やはりこの業界は異業種参入組が新しいサービスを引っ提げて来れる業界なんですかね・・・。)

しかも高額な道具を用いずに出来る限りの事をされると言う事で「リーズナブルに対応できるこれからのご遺体処置の方法」であるという事です。

今までは100円で売れる普通の口紅も、処置業者が販売すると1万円していたりしました。

道具を仕入れるという事に関しても葬祭業界というのは高いのです。

それを一般的な化粧品会社のものを使ってご遺体にメイクをさせて頂けるようになるのですから、今までの様に何十万という高額な費用をご遺族から頂く必要もありません。

今回の事であれば弊社ならサービス的に行える事もありました。

しかし当たり前ですがご遺体は唯一無二です。

お身体にメイクを施す・・・。かなりデリケートな事です。

やはりこれも出来れば「ご遺族とともに」させて頂ければ一番良いですね。

その為に我々がご遺族に少しアドバイスをしながら行えるラストメイク・・・。

とても素敵ですよね。

そう考えれたセミナーでした。

しかしその為にはまだまだ勉強せねばなりません。

追伸・・・

そして17時の新幹線に乗り、岡山駅到着が17時45分・・・。
18時から事務所でお墓の打ち合わせ、18時半から違うお客様と電話で打ち合わせ。
19時30分に通夜が終わったとスタッフから電話がありました。
その後に翌日の告別式の打ち合わせと準備・・・。

今日は久々に時間に追いかけられた1日でした。

あぁ疲れました・・・

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区学南町2丁目6の14

電話 0120594058