本年も大変お世話になりました

今年は弊社にとって飛躍の第一歩になるような年でした。

インターネットで葬儀の依頼なんてあるわけがない。

それが業界の常識でした。

しかしプラン価格も備品価格も全てにおいて消費者に公開する事で安心して頂き受注に繋がるカタチでした。

来年も違う手を考えながらも一歩ずつ進んで参りますので、来年もよろしくお願い致します。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

なんだか悲しい…

昨日、弊社管理の霊園を掃除していましたら、免許証とカード類の落とし物を発見。交番に届けました。
そこでお巡りさんに聞かれた一言…
「御礼はどうしますか?要りますか?」
「はぁ?要らないでしょ?普通…」

「25%の御礼をもらう権利はあるんですよ。実際に請求する人が居ますし。拾った者の物になるんだから、御礼位しろって人が居ますから」

もう絶句しました。

日本も来る所まで来たなと…

元々の日本人の心の美しさって世界中でも屈指だと思うんです。

こんな時代なんだなぁと悲しくなりました。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

ヒット商品番付にランクイン

IMG

日経流通新聞の12月25日号に皆さんご存知の「ヒット商品番付・サービス編」に大げさなセレモニーや宗教者を呼んだりしない「直葬」が堂々のランクインをしました。

しかも石川遼くんグッズや婚活サービス、ドラマROOKIESに続いての堂々の9位です。

私達でもそれほどシンプルな葬儀が増えているのだなとビックリしました。

この直葬は今年初め頃からマスコミで紹介されるのがいきなり増えました。

施行数そのものは都市部での数字ですので分かりませんが、間違いなく岡山でも「直葬やシンプル葬」が俄然増えてくると思います。

弊社もどちらかと言えば県外で勉強させて頂き、家族葬専門葬儀社として成り立っています。

岡山は保守的な部分も多く、急激な変化は1年間では難しいかも分かりませんが、右肩上がりに、こういった「セレモニーをしない葬儀」が増えるかと思います。

こうなってくるとますます事前相談が増えます。

誰も亡くなる予定が無くても「元気なうちに不明な点は解決しておこう」と言うのが消費者心理です。

弊社でもその様な相談が少なくありません。

ご興味のある方は近い将来遠い将来関わらず、弊社HPをご覧頂くか、お電話にてお尋ね下さい。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

動画へのチャレンジ

「安心」という来年のテーマに向けて私、ならびにスタッフの動画を作成出来ないものか?と考えております。

基本的に私のインタビュー形式のものが良いのでは?と打ち合わせの段階ですが、決めております。

初めから100点満点のものなんて出来る訳が無いですし、私のインタビューそのものが40点がいい所ですね(笑)

ただその動画を見て頂いた方が何を見て安心して頂けるのか?

何を言えば弊社が任せて安心な葬儀社なのか?という部分をお正月の間に考えようと思っています。

今現在安心していただけるかな?と思える部分は私のキャラクターでしょうか?

ブログにも書きますが、見た目が優しそうとよく言われます(笑)

それは顔が大きくて熊のぬいぐるみみたいとも言われる所からの自信です(笑)

どういう自信なんでしょう?

まぁどんな動画が出来上がるか分かりませんが、出来上がるまでが楽しみだったりしますので、楽しみながら考えてみようと思います。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

高いハードル

昨日、奈良への出張から戻ってきました。

奈良の先生から大きな宿題と方向性まで教えて頂けました。

老舗の葬儀社さんでも不可能な事に挑戦しようと思います。

消費者感覚という当社の最大の武器をフル活用して…

まだまだ岡山は小さな葬儀社が入り込める隙間があるエリアです。
関東や関西とは違う「保守的な面」が残っていますから。

でもこの不況で一気に状況は一変しました。
保守的にしたくても出来ない経済状況なのです。

そして一気にエリアマーケティングの仕方も変わるという事も踏まえた手を打って行きます。

ホームページで集客という事も少しずつ変わって来ました。

これからの時代、どんな手を打とうと2、3年が限界です。

それを過ぎたら下降線…

これからも考え続ける事が要求されます。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

本年最後の・・・

今日は本年最後の出張です。
私の葬儀のいろはを教えてくれている先生達も沢山集まります。

沢山の宿題として持っていきます。
そして沢山のお土産を今回も持って帰れると思います。

昨年の今頃も奈良に行かせて頂きましたが、希望と楽しみを沢山持って帰らせて頂きました。

今回もとても楽しみな出張です。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

金には金の役割、鉄には鉄の役割がある・・・

昨日、ある方から良いお話を聞きました。

そのお話は「中坊公平」という人のお話です。

この方は有名な「森永ヒ素ミルク事件の被害者弁護団長」や「豊田商事の破産管財人」になった有名な元弁護士です。

実はこの方のお父さんも弁護士でした。

しかしこの中坊さん・・・子供の頃は勉強が出来なかったらしく、ある日面談で学校の先生から中坊さんのお父さんへ「公平君はもう少し勉強してもらってください。このままではお父さんも困るでしょう?」と言われたそうです。

しかしお父さんはニコリと笑って「色々ある金属の中でも、金には金の役割があり、鉄には鉄の役割がそれぞれあります。
ウチの息子は光り輝く金ではなく硬い鉄なんですよ。勉強して弁護士になるだけが息子の人生ではありません」と言われたそうです。

すごく良い言葉だなぁと感じました。

見栄を張るのでもなく自身の特徴を生かして、周りのお役に立てれば良いというお話です。

SMAPの歌に「世界に一つだけの花」という曲があります。

「オンリーワン」という言葉も浸透しました。

「個性」という言葉は今現在、昔とは違い「自己中」なんて意味で使われているかも分かりませんが、私も日本人の特徴である「和を大事にする」という様な、TPOに合わせた自身の役割で、日々過ごさせて頂こうと実感しました。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

女性に選ばれる葬儀社

私は7年前から「女性が考え、女性が作り、女性に選ばれるもの」が生き残ると考えていました。

「女性は強くなった」なんて言いますが、私は「女性の価値観が世の中の価値観」だとも思っています。

特に現在のマーケットにおいて女性の視点抜きでは考えられません。

そしてこの未曾有の大不況でも女性の直感でお金は動きます。

確かに貨幣の流通量は減り、デフレ現象も進行していますが女性の物欲だけはシビアで凄まじいものがあると思うのです。

昨日、大手葬儀社が「あなたらしい葬儀」として「生花祭壇」をメインに広告を打っていました。

結局、そのチラシは葬儀におけるコンテンツの紹介だけで中身も値段も分からないのですが、多分女性の「これいいんじゃない?」という部分に訴えかけたかったんでしょうね。

気持ちは分かります。でも女性の価値観って一つでは無いし「プチ個性的な部分」も求めますから難しいですよね?

弊社は「女性に選ばれる葬儀社」を目指して行きたいと思っています。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

家族葬需要を取り込むリスク

私の葬儀についての先生がいつも「通常規模の葬儀を受けたい葬儀社が件数欲しさの為に「家族葬出来ます」とうたった宣伝をし、家族葬の需要層を引き入れることで結果、自分達の首を絞める事になる」と何年も前から言われています。

この予言はまさに現実の物になってしまいました。

数億円掛かるホール、相当量の光熱費、莫大な人件費、地域人口に見合った宣伝広告費・・・

これだけ見てもホールを持つ葬儀社は「本当の家族葬(小規模葬)需要」を施行しても焼け石に水で自分達の首を絞める事になっています。

葬儀の金額が下がる結果、件数を取らなければ売り上げを維持できない・・そしてまた銀行から融資を受け、ホールを立て、費用を掛けて広告をするという悪循環に陥っています。

まさにどこかの国のデフレ現象と同じです。

こういった場合には経済循環(収入と支出)の構造そのものを変えなければならないと言われます。

今までの葬儀社が家族葬需要で採算を取ろうとするなら「ご遺族に高額な不当請求をする」か「毎月の必要経費を少なくする」かしか手は無いように思います。

葬儀はチラシを打ったからと言って件数が増えるものではありません・・・

でも「毎月の必要経費を少なくする」という事を健全に行っている葬儀社はありません。

根本的に現在の葬儀社は「会館を持つ事が最大の宣伝広告」と思っているからです。

そして「会館が無いと葬儀が受けれない」とも思っています。

ですから売り上げ金額をキープせざるを得ないという事でエリアを拡げる為に会館を新築してみたり、チラシを撒く枚数を増やしてみたり・・・

しかし入ってくる葬儀は「こじんまりと行いたい」というご遺族の希望する小規模葬です。

これでは採算がとれる筈はありません。

葬儀会館のビジネスも待ったなしで厳しい時代に入ってきているのです。

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940

サンタさんはどこからやって来るの?

サンタさんはどこからやって来るの?って昔、子供からよく聞かれました。

その子供も春には中学生です。

今じゃ「お父さん、クリスマスは○○が欲しいから買いに行こうな」と言われる始末(笑)
そんな彼も昔はちゃんとサンタさんを信じてたんですよ(笑)

サンタさんはどこからやって来るのか?

皆さんは何て答えますか?

私は「フィンランドからやって来るんよ。でもテレビで見たやろ?サンタさんは何千人も居るんよ。だから世界中の子供に配れるんよ。でサンタさんにお願いするのはお父さんがサンタさんにeメールするんよ。だからサンタさんはトイザらスに買いに行くみたいよ」ってむちゃくちゃな事を言ってました(笑)

子供はそれを信じてました。

サンタは何千人も居て、メールで発注して、トイザらスに買いに行く。
こういう現実的な事を織り交ぜると本当っぽくないですか?(笑)

である日「プレゼントはお父さんが置いてるんやろ?」と言われ、私が言った事は「サンタは忙し過ぎてお父さんにメールで頼んで来たんよ。だからお父さんがトイザらスに頼んだんや」って…

つかこれはもう完全に現実ですね(笑)

今年も世界中で沢山のサンタが走り回ってるんでしょうね。

メリークリスマス…

HPはこちら 岡山初!家族葬直葬専門葬儀社ファイング

岡山市北区大和町1丁目8の15

電話 0862215940